卵の殻でおしゃれ女子!インテリアにリメイクしてみよう!

卵の殻はコロンとしたかわいい見た目からインテリアとしても注目を集めています。大手100均に行けばその卵を飾る卵のしゃれなパックも売っているほどです。卵の殻はゴミなんて思っていたら勿体ない気もしてくるほどです。あなたも卵の殻をインテリアと思うとゴミとして捨てるのがもったいなくなるかもしれませんよ。

卵の殻をインテリアとして使用する場合はしっかり洗い、卵殻膜を外して殻の部分だけを使用するようにしましょう。そのまま使用してしまうと腐敗してしまうため外しておきましょう。卵殻膜にもたっぷり栄養が含まれているため、剥がした後の卵殻膜も有効活用するといいですね。卵殻膜を外した後の卵の殻をしっかり乾かして使用しましょう。

卵の殻をインテリアとして使用する場合、小さなプランターとして使用するのがおすすめです。洗った卵の殻に土を入れて種をまいてある程度の大きさに成長させます。大きくなる植物の場合は卵の殻のまま植え替えるだけでいいので手が汚れません。大きく伸びた根っこが自ら殻を割ってくれるのでわざわざ卵の殻から出す必要もありません。

もしこのまま卵の殻の状態のまま育てる場合、下に小さな穴をあけておけば水抜きが出来るでしょう。あまり水をやらなくてよい多肉植物やサボテンであれば見た目的にもかわいいですし、大きく成長することもないので長くインテリアとして使用することが出来ます。また100均なので売られている転写シールを使用すれば、さらにおしゃれな卵のプランターが完成です。もし割れてしまってもまた新しい卵の殻に植え替えればいいので安心です。

そして料理にちょっと使いたいハーブやカイワレなども卵の殻プランターで育てればインテリアにもなりますし、料理の幅も広がること間違いないし!です。キッチンのインテリアにも料理にも大活躍です。卵のパックを使えば数種類のハーブを育てることが出来るので育ててみたかったハーブをいろいろと試してみるのもいいでしょう。

しかし中には植物を育てるのはちょっと苦手という人はキャンドルにするのもいいですね。手作りキャンドル用の物が売られているので自分で作ってもいいですし、ろうそくをとかして流し込んでもいいでしょう。ロウをとかすのが面倒な人は100均などに売られているキャンドル型のライトを殻の中に入れるのもいいでしょう。

卵の殻はかわいいフォルムからインテリアとしても注目を集めています。料理の際、豪快に割って使っている人も、ちょっと気をつかって割ればきれいに中身を取り出してインテリアとして殻が大活躍です。周りから女子力が上がったといわれるかもしれませんよ。